ついに!!、女装している事を友人にカミングアウト!。その一部始終。


 いつかは必ず来るんだろうな。でも、まだまだ遠い未来の話だと思っていました。

 カミングアウト。

 女装している事を、身の回りの誰かに告白する事。

 しかし、それは突然訪れました。

スポンサーリンク

友人からの突然の電話。それがすべての始まりだった。

 激辛グルメ祭りというイベントが新宿であり、激辛好きの私は、前から行きたいと、思っていました。

 夜勤明けのこの日、お昼頃に仕事を終えた私は、自宅に帰らず、ネットカフェで変身して、このイベントに向かいました。

スクリーンショット 2018 09 01 15 56 38

 猛暑が心配でしたが、この日は風もあり、激辛料理でもなんとか耐えられそうです。

 京華楼というお店の麻婆豆腐を注文し、頂きました。激辛にしてもらったせいで、当然辛くてたまりませんでしたが、めっちゃ美味しかったです。

 ビールが飲みたいと思い、ふと見てみると、なんと!昼間は生ビールが半額というではありませんか!。当然飲みます!。

スクリーンショット 2018 09 01 15 57 01

 「お姉さんどーぞ(^^)」ビールの売り子のお姉さんにそんな風に言われ、気をを良くした私は、ビールをおかわり。昼間のビールはメチャウマなんですが、酔いの回りも早く、少しいい気分になっていました。

 と、その時!。友人からの1本の電話が!

 友人「おい〇〇(私の本名)。久しぶりー。今日、19時から飲まない?」

 私 「え?今日?。いやー、今日は夜勤明けだからキツイから無理」

 夜勤明けで体がキツイ事を理由に断りましたが、本当はそうではなく、女装のまま、夜まで過ごそうと思っていたから、断りました。

 だって、行くならB面(男)に戻らなきゃならないじゃないですか。もう少しA面でいたいからです。

一度は断るも、禁断の思いが…

 電話を切ったあと、私の中で、何かが弾けました。そして禁断の思いが、ふつふつと湧いてきました。

 この姿のまま、友人との飲み会に参加してみようかな。

 いやいやいやいや、ダメだろう。

 しかし、以前、女装のままで飛行機に乗った時もそうだったように、ダメだと思っていても、なぜか体が、勝手に動きます。

 スマホのメッセンジャーを開き、友人にメッセージを打つ私。以下、要約。

 私「飲み会、やっぱり行こうかな。でも一つ条件があるけど、いいかな。」

 友人「おう!いいよ}

 私「因みに誰が来るの?」

 友人「オレと山田(仮名)の二人だよ」

 私「そっか。絶対内緒なんだけど、絶対内緒の条件のむか?のむなら行くよ。」

 友人「内緒の条件とは、何でしょーか?。飲み代をおごれ!とか?」

 私「いや、そんなんじゃない。覚悟はできているか?俺の秘密。」

 友人「はよ言え(^^)!」

 私「おれさ、、、、おれ…」(少し躊躇する私💦)

 友人「ん?どーした?」

 私「やっぱ言えねーーー!」

 友人「はよ言わんかい!!!」

 私「覚悟はできてるか?」

 友人「おう!」

 私「俺、女装で行ってもいいか?」

 友人「はぁ??なにそれ?マジかよ!!」

 私「うん。マジ。実はさ、もう既に今女装しててさ。いいかな?。なんでこんな事してるかは、後で話すよ」

 友人「おう(笑)わかった!あ、山田(仮名)には内緒にしておこう。リアクションを見たい」

 私「ありがとう。お化粧直していくね」

 私「こんな格好で行きます!」

 と、画像を送りました。これです!

 スクリーンショット 2018 09 01 16 13 51

 友人「お、、、おう!面白すぎるんで、絶対来てね。」

 かくして私は、友人に女装を告白し、女装のまま会いに行く事になりました。

今日は女子として扱ってもらおっと💕

 私は、少し遅れる事をメッセンジャーで伝えると、こんな返事が来ました。

 友人「先にやってるから店まで来いよ!」

 そこで私はこんな内容をを送り返しました。

 私「ヤダ。今日は女子なんだから、駅まで迎えに来て💕」

 今日は女子として扱ってもらおう。そう思ったのです。

 友人「わかった、迎えにいく」

 なかなか面白い展開になってきた。

 駅の改札で友人が待っていました。私を見た瞬間、

 友人「すげ!!なんでこうなっちゃったの?」

 私「まぁ、つまり、ただの趣味。あとで話すわ」

 友人と二人で居酒屋へ向かいます。山田(仮名)はもう店で待っており。先に友人が店内に入り、私が遅れて入りました。

 「おまたせ〜〜〜(^^)」女子っぽく小走りに両手を振り、山田(仮名)の前に現れる私。

 山田(仮名)と目が合う。その瞬間、目をまん丸くする山田(仮名)。状況を読み込めていないよう。

 私の姿を上から下まで舐めるように見る視線が!!キモ!!。いや違う。キモいのは私の方ですね。あははははーー。

 しばらくして、

 山田(仮名)「どどど!どーしたの??何があったの??」

 動揺を隠せない山田(仮名)。

 そりゃそうだよね、友人がいきなり女装で現れたんだから無理もない(^^)

やっぱ男ってデリカシーない!!

 「今日は女子だからね。女子として扱ってね(^^)」

 そう宣言したのは良かったのですが、ある意味本当に女子扱いでした。

 「おばはんやん!」とか、私の鞄を見て、「この鞄ダサくね?」とか、「この帽子、農作業用だろ!」とか、平気で言ってきます。

 こら!お前ら!だから男はデリカシーが無いんだよ。まず、女子に向かっておばはんは禁句だし、鞄や帽子、小物など、可愛いと褒めてくれるならいいけど、ダサいとかそういうの要らないし。

 私は男なのでわかります。こういう言葉って、恥ずかしさから出て来る言葉。ホントはそんな事思ってないのに、照れてる自分を隠すために、わざと言ってる事が多い。私もそうでした。可愛い女子と話したりすると、照れ隠しでそんな事を言ったりします。まぁ、私への場合、可愛いからじゃなく、恥ずかしいからですけどね。

 あ!!!!そうか。私も同じことをしてるじゃないか。女子の皆さんすみません。以後、気をつけます。

 女装すると、今まで知らなかった事に気がつく事があります。女子の気持ちを知る事ができるのもその一つ。 

 かわいいねとか、綺麗だねなんて、恥ずかしいし、言われても嬉しくないだろうと思って、今までめったに言いませんでしたが、言われるとめっちゃ嬉しい。反対に、おばはんとか、ダサい。とか言われるとめっちゃ凹むんです。

突然のカミングアウト。正解でした。

 飲み会は楽しかった。途中山田(仮名)の彼女さんも参加して、更に楽しかった。彼女さんにメイク。純女さんにメイクをするなんて、考えてみれば初めてで、メッチャ楽しかったです。

 しかし、女子はいいですね。肌がピチピチしていてお化粧もきれいに乗るし、目、鼻、口など、パーツひとつひとつが小さくて、めっちゃかわいかったです。

 彼女さんにメイクしてるの図

 40455101 2344853792196442 7931027840756088832 n

 私と彼女さんは女子トークで盛り上がり、私は女子として参加も、たまに男を出したりして、オカマバー状態。大盛り上がりでした。

 私は恋愛対象は女性だし、心も体も女性になりたいというわけではなく、女性の服を着たいだけの、あくまでも、趣味としての女装である事を話しました。

 私は昔から多趣味で、熱帯魚、海水魚や、釣り、ラジコンヘリ、飛行機など、いろんな趣味に手を出してきました。女装はその中の一つであり、今、とてもハマっています。

 他の趣味と決定的に違うのは、目的が「自分を変える」事だからです。メイクにしても勉強すればするほど奥が深くて、楽しいです。コーデも難しいけど、いろんな自分になれて楽しいです。失敗を繰り返しながら自分を変えていく。これがホントに面白いです。

 ただし、いくら趣味とは言え、これでも真面目に女装しています。公共の場に出る以上。そこはちゃんとしたいし、なによりキレイになりたいから。頑張っていろいろ勉強して、少しでも可愛いと思われたい。

 そんな話を友人達にしたら、最初は「おばはん」だとかなんだとか言ってた友人も、「見慣れてきたわ〜」と、しまいには私にベタベタくっついて来る。写真を撮る時も、肩に手を添えられて、めっちゃ近い💦。

スクリーンショット 2018 09 01 16 24 55

 私「もしかして惚れたか?」

 山田(仮名)「ちょっと見慣れてきたわ〜」

 と、否定はしなかった(^_^;)

 いつかは必ず来るだろうと思っていたカミングアウトを、勢いでやってしまった感はあります。しかし、ちゃんと受け入れてくれた友人と、その彼女さんに感謝です。

 翌日LINEで、「昨日はありがとう。またA面(女装)で参加してもいいかな?」と送ってみたら、「いいよ」と、返ってきました。

コメント

  1. くまちゃん より:

    お疲れ様です 笑

タイトルとURLをコピーしました