プチプラブランドで、女装の冬服コーデを考えてみた。

冬服がほしい!。

と、ファッション雑誌を見ていたら、可愛い服を見つけました。

オンラインショップでも買えるのですが、大きな問題が!

サイズが大丈夫なのか不安!

女装は、男が女子服を着るので、心配なのは、そこ!ですよね。

なので、ショップに行って試着。サイズの確認、あと、そもそも似合うのかどうか確かめてから買いたい!

と、思うのは当然の事です。

でもね、ショップの店員さんは女性だし、ほとんどが女性客だし。

女装で行って、気持ち悪がられたり、拒否されたりしないか超不安です。

はぁ?

ちよゆは女装で飛行機に乗ったり、化粧品売り場に行ったりしているくせに、今更何を言ってるの!

と、思われそうですが、女装で外出は緊張するよのよ!。いつになっても!。

さらに初めて行く店となればなおさら。

とはいえ目的達成のためにと、頑張って行ってきました。

スポンサーリンク

大人しめガーリー服が揃う。AG by Aqua girl

ファッション雑誌に載っていたスカートが可愛くて、ショップの名前を見ると

「AG by aquagirl」というセレクトショップでした。初めて聞いた。ネーミングが可愛い(^^)。

調べてみると、大手アパレルメーカーWORLDが展開するプチプラブランド。

オンラインショップを見ても確かに、コートが1万円前後、私の欲しいそのスカートは、6000円くらいでした。

さらに!!

なんと、その時丁度セール中で、値引きされています。

これは、「買え」ってことでしょう!(笑)

でも、サイズを見ると、SサイズとMサイズの2展開のみ。

Mサイズかぁ(T_T)。女性のMサイズは小さいからなぁ。

多分無理。と思いながら、ウエストサイズの表記を見ると、68センチ。さらに、後ろはゴムになっています。

私のウエストサイズは73センチ。

A面の時はお腹にコルセットを巻いているので、いつもより若干細くなります。

これは、もしかするともしかするとーーー。着られるかも。

店舗の在庫を調べると、大田区、JR蒲田駅の駅ビルにある店舗に在庫があるという事で、電話してみました。

すると、1着在庫あり!。お取り置きしてもらい、電車で蒲田まで行きました。

蒲田は私の母校があり、懐かしいなぁ。と思って26年ぶりに来てみると、街はガラッと変わっていました。

びっくりカメラのキシフォートがなくなっているし、工学院通りもない。ハトのフン臭かった駅前もきれいになっていました。

26年後にまさか女性の姿でこの駅に降り立つなんて、思ってもいなかったなぁ。あの頃に女装始めてたら今頃…。

って、思い出に浸ってる場合じゃないよ!

今回の目的は、欲しい服を試着して、よければ買う事だよね。

駅ビルのフロアガイドを見ながら進むと、お目当てのお店、「AG by aquagirl」 を、すぐに見つけました。

お店にはたくさんの女性客。店舗のレイアウトやデザインも、当たり前だけど女子っぽい。

ドキドキしながらお店に入ると、可愛い服がいっぱい並んでいました。

フリルやシフォンなどの甘さを、カジュアルミックスで提案。

日常をポジティブにおしゃれを楽しむ女性に向けて、親しみやすいプライスで提案するセレクトショップ (AG by aquagirlのHPより抜粋)

確かに、甘すぎない可愛さのある服。お値段も買いやすい価格(しかもセール中だし(^^))

さらに、モノによってはLサイズがある!。

もしかして、女装さんも意識してるのかな??

などと勝手な想像をしていると、

「いかがですか?」

と、女性店員さんが、声をかけてくれました。

私「すみませんこんな格好で^^;」

いつものようにおことわりをすると、

店員「いえいえ、ぜんぜん大丈夫ですよ」

と、優しい笑顔で答えてくれて、ほっとしました。

私「実はさっき電話で取り置きをお願いしていたんですが、サイズが大丈夫か試着したくて」

店員「あ、はい。先程のお客様ですね」

と、早速試着室に案内され、あっさりと試着できました。

でもね、試着する時いつも思うのですが、「どうですか?」と訊いてくるタイミングが、今着てるスカートを脱いだ位の時。

「はえーっつーの(笑)」

と心の中で叫びながら「すみませんもう少しお待ち下さい」と言う私。

何度か経験があるんですけど、あれって焦りますよね。私だけかな?

そんなこんなで試着してみたら、Mサイズでも難なく履けました。

セールで安かったし、せっかく来たので、もう一つタイトスカートと、もり袖のオーバーサイズ(だと思う)ニット、ネックレス、可愛くて衝動買いしたヒョウ柄のかばん(すべてセール品)を買って、お店を出ました。

これだけ買って、1万5千円。予算を遥かに下回りました。

写真は後ほど(^^)

THE SHOP TK

拠点のトランクルームがある錦糸町に戻る途中、去年買った黄色のダッフルコートじゃ寒くて、温かいアウターが欲しくなりました。

予算がかなり余っています。この勢いで、錦糸町に戻って、ショップめぐりをしてみるか。と、いつものアルカキット錦糸町に入りました。

エスカレーターを上がっている途中、ショップの隙間からダウンコートらしきものが見えたので、入ってみると、そこは、

THE SHOP TK というお店でした。TKって、小室哲哉?

んなわけないか^^;。

TAKEO KIKUCHIの派生ブランドらしいです。

価格も財布に優しい価格ですね。

中綿のジャケットを試着すると、Lサイズでピッタリ。しかも温かい。

価格は8990円。見た目数万円に見える。しかも!タグにはなんと、40%引きの文字が!

結局5394円でGETできました。

お会計の時にレシートを見ると、WORLDの文字が。このショップもそうなのか。

知らず知らずのうちに、WORLDさんのお世話になっています。

コーデ写真です。ファッション雑誌のつもりで(^ ^)。

今回買ったものでコーディネート。

まず一枚目。

ピンクのニットにピンクのスカート、甘々なコーデも締め色のアウターで調整して、大人可愛いを目指したつもり。

IMG 4816

IMG 4820

トップス:ピンクのニット(プルオーバー)/AG by aquagirl 3493円

スカート;コーデュロイボタン付きスカート/AG by aquagirl  3493円

アウター;ジャケット(紺)5394円

バッグ;ヒョウ柄のバッグ 3493円

どれもセールの値引き後の値段。

2枚目

アウターをブルーのふわふわコートに、グレーのタイトスカートで調整して、締め色をなくして、カジュアルに。

IMG 5210

スカート:タイトスカート グレー/AG by aquagirl 3493円

アウター:コート ブルー /ディスカウントショップ 2000円

スカートはセールで値引後の値段。アウターのふわふわコートは、Colorsっていうディスカウントショップで2000円で手に入れました。

どっちがいいですか?

気持ち的には1枚目ですけど、実際見た目は2枚目かな??

コーデって難しいですね。

とりあえずは好きな雑誌の真似をしよう

コーデって難しい。どんな色を合わせればいいのか、形、シルエット、服の素材。

トータルで考えて高見えとか、抜け感とか、いろいろルールがあるみたいで、

私は全然わかりまへん。そもそもセンスが無い!^^;、

なのでファッション雑誌を猿真似してます。

でも、最初はそれでいいんだと思います。

だって、何がいいのかわからないじゃないですか。よくわからないまま服を買って失敗するより、雑誌の服をそのまま真似て見ればいいんです。

私が愛読しているのは「andGIRL」っていうアラサー雑誌なんですけど、20代もターゲットなので、載ってるコーデは、40代の私が着るにはかなり幼い(笑)。

40代リアル女子は絶対しないそうです。

でもね。アラサー雑誌はGUなど、プチプラブランドで可愛いコーデの特集がよく組まれているので、掲載されている服をそのまま買ってもお財布に優しいんです。

40代がアラサー雑誌って、若作りになって、痛いよ!

って言われますが、

だってそのほうがテンション上がるんだもん。

40代雑誌を見ても、全然テンション上がらないんだもん。

楽しくなければ女装じゃない。(迷惑をかけない範囲で)着たい服を着よう。

みなさんも、好きなスタイルで、女装を楽しみましょうね(^^)

タイトルとURLをコピーしました